添加剤について

塗料の中では、添加剤も大きな役割を果たしており、粘り気を変える事も出来たりするため、塗りにくい場所などに適切に塗料を付着させる効果がある、という風に言ってしまっていいのではないでしょうか。また、湿気が多く、カビなどが繁殖しやすい場所などであれば、カビの防止剤なども添加剤として加えることができるため、お風呂場や銭湯などのようなかびと戦わねばならない場所では、活躍の場所があるという風に言えるのではないでしょうか。皮膜のような成分をどのようにして作るのかということが、樹脂の役目の一つであり、その樹脂と化学的な反応を起こして、被膜を硬化させる作用を起こすのが降下剤であるという風に考えられるわけです。一般的に顔料という風に言うと、どうしても色の実をつける役割を果たしているというふうに考えられがちですが、決してそういうわけではなく顔料というものは、この他にも、サビを止める成分を配合することができたり、素材の強度などを底上げするという効果を担っていたりと大きな役目を果たしていることは、あまり知られていないのかもしれませんが、何よりも重要なのは、このような様々な塗料の成分が組み合わさることで、壁であったり屋根であったりというような場所に応じた塗料が作られているということは、十分に知られているべきであるという風に考えられるでしょう。塗料と言うと、多くの人は液体の形式のものを想像するかもしれませんが、決して、そうとは限らず固体のものもごく自然に存在しているわけです。とりわけ、個体のものは粉上のものとして販売されていることも多く、持ち運びがしやすいというようなこともメリットの一つであるという風に言ってしまっていいかもしれません。一方で、水性の塗料は重さがあり、持ち運びにくいというデメリットはあるものの、乾燥のコントロールさえうまくいけば綺麗に塗装が出来るという点も見逃せないポイントです。

塗装という加工

物があふれる現代においては、様々な物を加工することで、商売を成り立たせるという一面はあるかもしれません。そのような意味においては、家を建てた際にイメージと違ったからという理由や、家を建ててから時間が経って剥がれ落ちてしまった、などというような理由などから、外壁を塗装し直したりして、雰囲気を変えてみたいというふうに考える人は多いかもしれません。塗装というものは、比較的安い値段で雰囲気を変えることができるため、新鮮な気持ちで、日々の生活を送ることができるという点は、間違いなく大きなメリットであるという風に言えるかもしれません。そもそも、塗料というものがどのような成分から成り立っているか、と言うと、決して一つの成分のみから成り立っているわけではなく、樹脂であったり顔料であったり、添加剤などを加えることで色や成分などを安定させた上で用いているのが一般的であるという風に言われるわけです。とりわけ、色を付ける目的で混ぜられる着色顔料などは、わずかな量の違いが、仕上がりに直結する部分があるため神経を使う必要があるという風に言われているようです。塗料は値段によって、用いられる硬化剤や樹脂などにも大きな差があるという風に言われているため、より高品質な塗料の使用などが重要であるという風に言えると考えられるようです。とりわけ塩化ゴム塗料のなどのような樹脂を溶かして、幕を作る形で塗り込むような塗料などは一般的に用いられているものの一つであるという風に言えるかもしれません。さらに、顔料の選択などはどれくらいの期間色を保てるか、という点にも関わってくるため、重要なポイントの一つであるという風に言っていいかもしれません。

塗料とメカニズム

塗装する際に、気になることの一つとして挙げられるのは。塗料がどのようなメカニズムで乾燥するのかということではないかと考えられます。一般的に流動体になっているものは熱が加わることで、溶けて液体になり、それは、固まっても分子の変化は何らありません。このような形で、それぞれの塗料によって、固まる時間などが異なっているということを、知っておくことが重要だと考えられます。塗装していく中で、失敗を招いてしまう事象の一つとして、カブリというものがあるとされています。これは、湿度の多い、雨の日曇り空の日などにスプレーをして、塗装した際に、対象物がぼやけて見えてしまう、というような現象で、白っぽくぼやけているのを見たら、注意をしておくことが良いのではないでしょうか。現象の理由として挙げられるのは、スプレーなどを行った際に、急に空気と触れ合うことで気化熱が発生し、冷却されたことで塗装面の温度が急激に下がった結果、塗装面の塗料が白っぽく変質してしまうという点です。この他にも、完成時は綺麗に仕上がっているのにも関わらず、乾燥した結果、表面に凹凸ができてしまうというようなケースがあるようで、このような場合には、油性の塗料が原因であるということが多いと考えられます。これは、表面で起きている現象ではなく、内側で塗料が重なるなどして表面に出てきたものが、しわとなって現れるというロジックになっているようです。このような事態を防ぐためには、油の塗料を用いる際には、乾燥の時間をじっくり取ることが重要になるでしょう。

塗装と温度や湿度

塗装は、その場の環境や、湿度や気温など様々な状態によって、出来が大きく変わってきてしまうという、まるで生き物のような性質を持っているため、予想もしない事態が起こってしまうことも、ある程度避けられない部分はあるのではないでしょうか。そのような中で、凹みなどが生じてしまうと、塗装が完成したとは言えなくなってしまうわけです。このような凹みが起こる原因としては、塗料の中に様々な成分が溶けているわけですが、その中で、張力の弱いものなどが固まって存在している場合には、乗り終わった後に張力の弱いものが内側に引っ張られるような形で、へこんでしまうというようなケースなどがよくあると聞いたことがあります。とにかく、これを考えると、完璧な仕上がりを実現するためには、対象物を常に綺麗に保っておくことはもちろんのこと、スプレーや、その他の工具などを用いて、処理を行った後の表面の加工などを含めて気を抜かずに取り組むことが重要ではないでしょうか。いずれにしても、人間が作ったものであり、自然から生み出されたものでもある、という塗料の特性を考えれば、ある程度の不具合や不都合があっても致し方ないという風に言えるかもしれません。しかし、多くの不具合の場合には、温度が異常に高かったり風が強かったり熱くなり過ぎてしまったりといった、人為的なミスが原因となっている場合が多いということを考えれば、さまざまな部分をマニュアル化して進めれば良いのではないでしょうか?

情報収集

外壁塗装を依頼したくなったら、まずは業者を選定しなければなりません。その際、口コミを情報源とされる方も多いのではないでしょうか。新築の低迷もあり、現在リフォーム業界は活況を呈しています。ですから業者の数は大変多く、選ぶのにも一苦労します。塗装専門業を始め、住宅会社や工務店も塗装業務を請け負っていますから、消費者としても選定基準を欲するところです。基準としてすぐに思い浮かべるのは、「地元の業者」という縛りでしょうから、必然的に近隣の口コミを重視することになります。

依頼者が高齢者でもない限り、インターネットで調査するのは必須の選定プロセスと言ってよいでしょう。地元業者を中心に、詳しく調べ上げる人も多いはずです。人によっては1社を丹念に調べるあまり、業者同士の比較を疎かにする人もいますが、絞った的が悪徳業者である可能性も否定できません。注意されるとよいでしょう。

何とか業者を選定できれば、後は電話等で簡単に打ち合わせすることになります。しかし素人には問い合わせ先の実態が掴み辛いものとなっています。というのも、リフォーム業界は社名が実際の業務に相応していないことも多く、工務店、リフォーム専門店、ハウスメーカー等の差異は当てにならないからです。ただ統計上、リフォーム専門店が悪徳業者に占める比率は高く、一層の注意を要します。リフォーム専門店の営業者は真面目な出立ちで対応することも多く、すぐに騙されてしまうのです。

準備段階の工程

現物を確認し、近所に対する挨拶も終えると、塗装のための準備が始まります。その一
つが、足場の組み立てです。家の外壁を塗るわけですから、高所での作業を可能にする足
場が欠かせません。足場は家全体を囲うように設置されます。足場を利用してスムーズに
行き来すれば、作業が捗りますし、高さを恐れず仕事に集中できます。ただ足場は金属で
出来ていますから、組み立て作業時にはかなりの金属音が生じてしまいます。近所の人に
とっては不快な音ですから、事前の挨拶できちんと説明することもあります。また足場の
組み立ての付随作業にネット張りがありますが、こちらも重要な工程です。ネットは塗料
の飛び散りを防いでくれるからです。
足場を組んで最初に行うのは、高圧洗浄です。外壁には埃や汚れが貯まり、カビや苔が
繁殖しているところもあります。これらを業務用の洗浄機で一気に洗い流します。また剥
がれかけた塗料も並行して落とします。高圧洗浄は非常に時間のかかる工程なのですが、
塗膜を作るためには表面を綺麗にする作業がどうしても必要になります。長い作業時間の
間に問題点を発見できることも多く、職人の腕が試される時間でもあります。
高圧洗浄の次は養生を行います。養生シートはビニールが多く、繋ぎ目に専用のテープ
を用います。外壁周りを養生するのは当然なのですが、その他敷地内の車、庭等も、状況
に応じて養生されることがあります。ところでシートの周辺部にはるテープの役目は小さ
くありません。当該テープは塗装箇所との境目になるため、真っ直ぐ貼る必要があるから
です。
養生も終えれば、最後に下地処理を施します。経年劣化した壁にはひび割れや剥がれが
目立つため、それらを修繕しなければなりません。コーキングして凹凸を無くす作業が大
半を占めますが、塗装の出来を左右する工程のため、職人は慎重に行います。

見積書の見方

見積書の見方を事前に学んでおくと、後々のトラブルを防ぐことができます。ただ素人
には分かり辛い箇所がほとんどを占めるので、まずは足場、養生に関して勉強しておくと
よいでしょう。外壁塗装において、足場の組み立てと養生シートの貼り付けは必須とされ
ています。いずれも費用が発生するものですから、相場を確認しておきましょう。業者の
中には無料を謳っているところもありますが、却って信用できません。他の工程に転化さ
れていないか等、きちんと問い質す必要あります。
足場、養生以外の項目の見方については、少しずつ覚えるしかありません。工程を大別
すると、現物確認、挨拶、足場の組み立て、高圧洗浄、養生、下地処理等が、準備段階の
主な項目です。下地処理とは、塗装する前に、ひび割れや剥がれを修繕することを意味し
ます。準備が終われば、いよいよ塗装に移ります。下塗り、中塗り、上塗りを経て、錆止
め塗装や仕上げ塗装を施します。最後に足場を撤去して工事完了となります。塗装は何度
も塗り重ねるため、その回数を把握することも大切です。
ところで工程に含まれる「挨拶」は必要なのでしょうか。これは近所に対するもので、
塗装工事では必要になります。塗装工事現場の近隣住民の中には神経質な人もいます。ト
ラックや工事が出す騒音、シンナーの臭いに反応し、苦情を申し入れる人は少なくありま
せん。事前に挨拶しておけば、近隣住民の怒りやストレスも幾分和らぐことが期待できる
ため、塗装業者は必ず行うようにしています。挨拶の際、丁寧な態度で工事期間等を伝え
ておけば、より効果的だと言われています。

リフォームの相場の実際

リフォーム業者はお店から仕上がり予想図を伝えられ、それを予算内でできる限り実現できるように試行錯誤します。その上で工事内容がお店に提示されるので、お店はその内容で任せてよいか検討します。外装や動線の周りは客の視線が注がれるポイントですから、すぐに掃除できるような改築にしなければなりません。また店の清潔感に直結する証明に関しても、その配置について熟慮すべきでしょう。

住宅のリフォームとは異なり、お店のリフォームはそのほとんどが特別枠の発注になります。ですから相場と言えるようなものはありませんが、それでも多くのお店が数十万円をベースに計画している事実に鑑みれば、業者の提示する金額が高いかどうかは見抜けるはずです。因みに数十万円という実例は、あくまでもリフォーム前の設備をそのまま使用できるケースに限られます。また広大な坪数までは想定していないので、どの店舗も数十万円に収まるとは断言できません。坪単価はおよそ6万円と言われていますから、参考にされるとよいでしょう。

一部屋のオフィス、アパレル店、薬局等であれば、坪数はそれほど大きくないはずです。数十万円で発注することが出来るでしょう。美容院のような、専門設備を施工しなければならない店舗では、予算もその分が上乗せされます。飲食店も同様で、キッチンの設備を施工する場合、別途計上しなければなりません。一般的なレストラン、居酒屋であれば、坪単価が倍になると考えればよいでしょう。また同じレストランでも既存設備を取り換えなければならない場合、費用はさらに膨れ上がります。

飲食店のリフォームは、キッチンの工事が鍵となります。工事費用の40%を充てなければならないからです。例えばいわゆる居抜き物件であれば設備をそのまま使用できるため、総額費用を大幅に減額できます。しかし居抜き物件にもデメリットがあり、立地条件等が良くないという事情が隠れている可能性は否定できません。いずれにしてもリフォームを決意した時は、事前の調査、勉強が不可欠なのです。

 

 

リフォームに関する助成金

小さな店舗でも、リフォームすれば最低数十万円は掛かります。決して安い買い物ではありませんから、急な改築の必要性に迫られた場合、オーナーとしては困惑するでしょう。融資が上手くいかない場合は、助成金制度を利用するのも選択肢です。中小企業の事業主に対しては、各種助成金が用意されています。店舗のリフォームに対しても、一定の条件を満たせば支給されます。各助成金にはそれぞれの目的が存在するのですが、店舗に対してのものは最低賃金の引き上げに繋がることを目標に定めています。つまり助成金の申請時に提出する計画案が、業務改善に資するものであることが、最大の支給条件なのです。条件をクリアしさえすれば、地域や業種に関わらず助成金が支給されます。助成金は一般に、複数の助成金を同時に受け取ることが制限されますが、店舗リフォームに対する助成金はその限りではありません。

店舗リフォームに対する助成金が賃金の引き上げを目的としている以上、助成金を受け取る必要のあるオーナーは改善計画を提出しなければなりません。例えば、新入アルバイトの時間給を100円引き上げることで、設備を購入出来たり、ホームページを開設することが出来たりします。役所から提示される条件としては、改善計画の他、時給800円以上の賃金、従業員への聴取、労働関係法の遵守、納税の滞納が無いこと、不当解雇等の過去が無いこと等が挙げられます。助成金の用途は制限されており、キッチンの機器やレジ関連の機器、正当なリフォームに充てなければなりません。100万円まで支給されるので、小規模経営のオーナーにとっては十分な額の助成が得られます。中規模以上のお店であれば、実費の半分しか支給されません。

地震対策としてのリフォーム

日本では地震が頻発しますから、古い住宅やビルの解体、補強工事の必要性が、ますます叫ばれるようになっています。オフィスの耐震性を考える時、参考になるのは入居しているビルの築年数です。ビル等の建築には建築基準と呼ばれるものが適用されます。その中には耐震基準も存在し、古いものと新しいものとに分かれています。古い耐震基準は1950年に施行されたもので、新しい基準は1981年の改正に始まります。つまり1981年以前に建築されたビルは現在も適用されている新しい耐震基準を満たしていないことになるのです。新基準は厳格に定められており、建築確認申請時に審査される項目として非常に大切な条件です。そこから外れているビルに入居し続けていることの危険性が、お分かりになるでしょう。

但し、旧耐震基準が適用されたビルであっても、リフォームしなければ倒壊すると決め付けることはできません。また、新耐震基準を満たしているからといって、絶対に壊れないとも限らないのです。実際の耐震強度は多くの因子によるもので、例えば地盤等も影響しますし、これまでに生じた地震の発生回数等も関係します。個々のビルが安全かどうかは、最終的に建築士の診断を待って決まります。

建築士が算出した構造計算からリフォームの必要性が判明した場合、ビルのオーナーは補強工事を発注しなければなりません。幸いなことに耐震対策のリフォームに関しては、多くの補助金、助成金制度が提供されています。1981年以前に建築された住宅は優遇され、住宅耐震改築特別控除が適用されます。

耐震リフォームは工法も様々で、基礎の補強、接合部の補強、窓の縮小化、屋根の軽量化等に、それぞれの技術力を発揮します。中には地盤を固めてしまう大掛かりな工法もあるため、関心のある人は調べてみましょう。