塗装は、その場の環境や、湿度や気温など様々な状態によって、出来が大きく変わってきてしまうという、まるで生き物のような性質を持っているため、予想もしない事態が起こってしまうことも、ある程度避けられない部分はあるのではないでしょうか。そのような中で、凹みなどが生じてしまうと、塗装が完成したとは言えなくなってしまうわけです。このような凹みが起こる原因としては、塗料の中に様々な成分が溶けているわけですが、その中で、張力の弱いものなどが固まって存在している場合には、乗り終わった後に張力の弱いものが内側に引っ張られるような形で、へこんでしまうというようなケースなどがよくあると聞いたことがあります。とにかく、これを考えると、完璧な仕上がりを実現するためには、対象物を常に綺麗に保っておくことはもちろんのこと、スプレーや、その他の工具などを用いて、処理を行った後の表面の加工などを含めて気を抜かずに取り組むことが重要ではないでしょうか。いずれにしても、人間が作ったものであり、自然から生み出されたものでもある、という塗料の特性を考えれば、ある程度の不具合や不都合があっても致し方ないという風に言えるかもしれません。しかし、多くの不具合の場合には、温度が異常に高かったり風が強かったり熱くなり過ぎてしまったりといった、人為的なミスが原因となっている場合が多いということを考えれば、さまざまな部分をマニュアル化して進めれば良いのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です