外壁塗装を依頼したくなったら、まずは業者を選定しなければなりません。その際、口コミを情報源とされる方も多いのではないでしょうか。新築の低迷もあり、現在リフォーム業界は活況を呈しています。ですから業者の数は大変多く、選ぶのにも一苦労します。塗装専門業を始め、住宅会社や工務店も塗装業務を請け負っていますから、消費者としても選定基準を欲するところです。基準としてすぐに思い浮かべるのは、「地元の業者」という縛りでしょうから、必然的に近隣の口コミを重視することになります。

依頼者が高齢者でもない限り、インターネットで調査するのは必須の選定プロセスと言ってよいでしょう。地元業者を中心に、詳しく調べ上げる人も多いはずです。人によっては1社を丹念に調べるあまり、業者同士の比較を疎かにする人もいますが、絞った的が悪徳業者である可能性も否定できません。注意されるとよいでしょう。

何とか業者を選定できれば、後は電話等で簡単に打ち合わせすることになります。しかし素人には問い合わせ先の実態が掴み辛いものとなっています。というのも、リフォーム業界は社名が実際の業務に相応していないことも多く、工務店、リフォーム専門店、ハウスメーカー等の差異は当てにならないからです。ただ統計上、リフォーム専門店が悪徳業者に占める比率は高く、一層の注意を要します。リフォーム専門店の営業者は真面目な出立ちで対応することも多く、すぐに騙されてしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です