見積書の見方を事前に学んでおくと、後々のトラブルを防ぐことができます。ただ素人
には分かり辛い箇所がほとんどを占めるので、まずは足場、養生に関して勉強しておくと
よいでしょう。外壁塗装において、足場の組み立てと養生シートの貼り付けは必須とされ
ています。いずれも費用が発生するものですから、相場を確認しておきましょう。業者の
中には無料を謳っているところもありますが、却って信用できません。他の工程に転化さ
れていないか等、きちんと問い質す必要あります。
足場、養生以外の項目の見方については、少しずつ覚えるしかありません。工程を大別
すると、現物確認、挨拶、足場の組み立て、高圧洗浄、養生、下地処理等が、準備段階の
主な項目です。下地処理とは、塗装する前に、ひび割れや剥がれを修繕することを意味し
ます。準備が終われば、いよいよ塗装に移ります。下塗り、中塗り、上塗りを経て、錆止
め塗装や仕上げ塗装を施します。最後に足場を撤去して工事完了となります。塗装は何度
も塗り重ねるため、その回数を把握することも大切です。
ところで工程に含まれる「挨拶」は必要なのでしょうか。これは近所に対するもので、
塗装工事では必要になります。塗装工事現場の近隣住民の中には神経質な人もいます。ト
ラックや工事が出す騒音、シンナーの臭いに反応し、苦情を申し入れる人は少なくありま
せん。事前に挨拶しておけば、近隣住民の怒りやストレスも幾分和らぐことが期待できる
ため、塗装業者は必ず行うようにしています。挨拶の際、丁寧な態度で工事期間等を伝え
ておけば、より効果的だと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です