リフォーム業者はお店から仕上がり予想図を伝えられ、それを予算内でできる限り実現できるように試行錯誤します。その上で工事内容がお店に提示されるので、お店はその内容で任せてよいか検討します。外装や動線の周りは客の視線が注がれるポイントですから、すぐに掃除できるような改築にしなければなりません。また店の清潔感に直結する証明に関しても、その配置について熟慮すべきでしょう。

住宅のリフォームとは異なり、お店のリフォームはそのほとんどが特別枠の発注になります。ですから相場と言えるようなものはありませんが、それでも多くのお店が数十万円をベースに計画している事実に鑑みれば、業者の提示する金額が高いかどうかは見抜けるはずです。因みに数十万円という実例は、あくまでもリフォーム前の設備をそのまま使用できるケースに限られます。また広大な坪数までは想定していないので、どの店舗も数十万円に収まるとは断言できません。坪単価はおよそ6万円と言われていますから、参考にされるとよいでしょう。

一部屋のオフィス、アパレル店、薬局等であれば、坪数はそれほど大きくないはずです。数十万円で発注することが出来るでしょう。美容院のような、専門設備を施工しなければならない店舗では、予算もその分が上乗せされます。飲食店も同様で、キッチンの設備を施工する場合、別途計上しなければなりません。一般的なレストラン、居酒屋であれば、坪単価が倍になると考えればよいでしょう。また同じレストランでも既存設備を取り換えなければならない場合、費用はさらに膨れ上がります。

飲食店のリフォームは、キッチンの工事が鍵となります。工事費用の40%を充てなければならないからです。例えばいわゆる居抜き物件であれば設備をそのまま使用できるため、総額費用を大幅に減額できます。しかし居抜き物件にもデメリットがあり、立地条件等が良くないという事情が隠れている可能性は否定できません。いずれにしてもリフォームを決意した時は、事前の調査、勉強が不可欠なのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です