小さな店舗でも、リフォームすれば最低数十万円は掛かります。決して安い買い物ではありませんから、急な改築の必要性に迫られた場合、オーナーとしては困惑するでしょう。融資が上手くいかない場合は、助成金制度を利用するのも選択肢です。中小企業の事業主に対しては、各種助成金が用意されています。店舗のリフォームに対しても、一定の条件を満たせば支給されます。各助成金にはそれぞれの目的が存在するのですが、店舗に対してのものは最低賃金の引き上げに繋がることを目標に定めています。つまり助成金の申請時に提出する計画案が、業務改善に資するものであることが、最大の支給条件なのです。条件をクリアしさえすれば、地域や業種に関わらず助成金が支給されます。助成金は一般に、複数の助成金を同時に受け取ることが制限されますが、店舗リフォームに対する助成金はその限りではありません。

店舗リフォームに対する助成金が賃金の引き上げを目的としている以上、助成金を受け取る必要のあるオーナーは改善計画を提出しなければなりません。例えば、新入アルバイトの時間給を100円引き上げることで、設備を購入出来たり、ホームページを開設することが出来たりします。役所から提示される条件としては、改善計画の他、時給800円以上の賃金、従業員への聴取、労働関係法の遵守、納税の滞納が無いこと、不当解雇等の過去が無いこと等が挙げられます。助成金の用途は制限されており、キッチンの機器やレジ関連の機器、正当なリフォームに充てなければなりません。100万円まで支給されるので、小規模経営のオーナーにとっては十分な額の助成が得られます。中規模以上のお店であれば、実費の半分しか支給されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です