消費者として一番気にかかるのは、全面的な外壁塗装工事の費用でしょう。一般的な2階建て住宅であれば、屋根と外壁とを合わせて100万円前後を請求されると覚悟してください。但し、塗料の種類を変えたり、重ね塗りの回数を変えたりすることで、大幅に減額することも可能です。逆にフッ素塗料のような高級塗料を使用すると、外壁のみで150万円は予算に計上する必要があります。費用の内訳もよく学んでおくとよいでしょう。塗料と養生資材が20%、足場代が20%、人件費が30%、営業経費・雑費が30%を占めるのが普通ですから、この内訳の比率と極端に異なる見積もりや請求書を提示された時は、水増しや手抜きを怪しむべきです。

塗装工事を決断したら、先ずは業者に連絡して現地調査を依頼するのが通例です。プロの目で外壁や屋根を具に観察し、その劣化の程度から工事内容や費用を弾き出してもらったら、調査診断書、仕様書を提出してもらいます。ネット上の簡単な見積もりを目にすることもありますが、現物を見ない限り正確には算出できませんし、依頼主の声を加味することもできません。オンラインのみで見積もりを出そうとする業者は避けた方がよいでしょう。因みに調査診断書、仕様書は共に無料のはずですから注意してください。

これらの書類に則って見積書を作成してもらうのですが、細かな工程ごとに作るよう、お願いします。「外壁工事一式」などと書いて済ませようとするのは論外で、良心的な業者は必ず工程の名称、内訳、数量、単価を記載します。その上で依頼主が第一に確認するべきなのは、追加請求の有無です。追加工事が無断で行われてトラブルに発展するケースは後を絶ちません。特に破風版や雨戸、軒、バルコニー、門、塀、戸袋等々は、認識の齟齬をきたしやすい箇所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です